代表 矢野がデジタルハリウッド大学大学院にてArduino体験の講師を務めます

弊社代表取締役 矢野が、デジタルハリウッド大学大学院で開講のプロジェクト科目「ロボットで作る未来」(担当教員:三淵啓自 教授/香田夏雄 准教授/橋本昌嗣 客員教授:2013年6月18日開講〜全16講義)の第2回(6/25)と第3回(7/2)において、電子回路やマイコンボードArduino(アルドゥイーノ)を使った体験講義の講師役を務めさせていただきます。

近年のハードウェアモノづくりブームの定番となったAVRマイコンボードArduino(アルドゥイーノ)を使ったマイコン制御の基礎をメインに、センサー入力・LEDやサーボモータを制御するといった電子回路の基礎の授業を担当する予定です。

以下、デジタルハリウッド大学大学院サイトからの抜粋
プロジェクト科目「ロボットで作る未来」

VRと現実の接点として、ロボットを、双方向メディアの情報デバイスと定義し、まず、基礎コースとして、コンピューターによる、サーボモーターや、LEDなどの制御の仕組みの基礎を学び、現実空間に何らかの作用を起こせることを体験し、プログラムでの制御方法などを学ぶ。事例では、実際にロボット開発や、商品企画をしている、事業者に来てもらい、実際のロボットを触ってもらいながら、どのようなコンセプトで、商品を開発し、ビジネス化しているかなどを学ぶ。二足歩行型ロボットの制御プログラムを活用し、いろいろな実験を行い。最後には、グループごとに、ロボットを活用した、商品や、サービスの企画をおこなう。

2 thoughts on “代表 矢野がデジタルハリウッド大学大学院にてArduino体験の講師を務めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です